×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

徐々に人気が高まってきたティーカッププードル。そんなプードルの賢い付き合いかたや厳選情報をお届けします。

ティーカッププードルの名前の由来

 

ティーカッププードルというと、なんだかぬいぐるみのかわいい犬を想像してしまいますが、れっきとした命ある犬です。その名前が示す取り、ティーカップに入るほどの小さいプードルという意味で、ティーカップに収まり前足をちょこんとのせたかわいい写真を見かけたことがあるのではないでしょうか。もともとはアメリカのブリーダーにより小型改良され人気が出てきたティーカッププードルですが、最近では日本でも急速に人気が広まっています。

 

 

 

このティーカッププードルはプードルの正式なサイズ名称ではありません。正式にはスタンダードプードル(45p〜60p)、ミディアムプードル(35p〜45p)、ミニチュアプードル(28p〜35p)、トイプードル(28p以下)の4種となっています。正式な定義がないティーカッププードルですが、成犬でも体重が1.5sほどの重さしかありません。ティーカッププードルとしての血統書は発行されませんので、注意が必要です。

 

 

 

ティーカッププードルといっても、あくまでプードル犬ですから、性格や賢さについてはある程度想像できると思います。ただし、小型犬になればなるほど飼い主に対する依存心が強くなる傾向にあるようです。また、超小型であるが故に心配な面もいくつかあります。身体を支える足の骨は細く、筋肉もあまりついていませんので、骨折には気をつける必要があります。膝関節の脱臼なども関節を支える筋力が弱いことから起こりやすいと言えるでしょう。

 

 

 

頭数がまだまだ少ないティーカッププードルですが、どこで買えばいいのか気になる人も多いのではないでしょうか。ペットショップで見かけることが少ないため、ブリーダーやネット販売業者を利用することが必然的に多くなりますが、気をつけたいのは悪質な業者が増えているということです。頭数が少なくて人気の方が先行しているため、もうけるためには無理矢理の繁殖を繰り返す悪徳業者がいますので、購入先が本当に信頼できるかどうかを見極めた上で購入したいものですね。
プードル購入時の注意事項

 

ティーカッププードル、なんだかアニメの世界に出てくるような名前ですね。ティーカップに収まるほど極小なプードル犬としてネーミングされたわけですが、なぜここまで犬を小型化する必要があるのか、疑問に感じる人も少なからずいるようです。しかし、小型犬に対する人気は根強く、小型改良を繰り返すブリーダーは多くいます。ティーカッププードルのような超小型犬が誕生したのも不思議なことではないですね。

 

 

 

血統書にこだわる場合、ティーカッププードルの購入には気をつける必要があります。というのも、このティーカッププードルというのは、プードルの正式なサイズ分類の名称ではないからです。現在プードルは、その体高により、45p〜60pをスタンダードプードル、35p〜45pをミディアムプードル、 28p〜35pをミニチュアプードル、28p以下をトイプードルと定義しているわけです。あくまでトイプードルの超小型犬になるわけですね。

 

 

 

超小型犬を見ると気がつくと思いますが、身体が小さい分、足は非常に細く、筋肉もあまりついていないことがわかります。骨が細いということは、それだけ骨折しやすいということですね。また、病気になったり、怪我を負ったりしたときに手術に耐えうる体力があるかどうかを疑問視する獣医師もいます。これらの点に十分注意を払ってあげれば、ティーカッププードルはあくまでプードル犬ですから非常に飼いやすい犬と言えるでしょう。

 

 

 

小型犬を飼いたいと願っている人にとってティーカッププードルは確かに魅力たっぷりの犬かもしれません。友人から譲り受ける、あるいは信頼できるブリーダーがいるなどであれば、安心できますが、最近は悪質なブリーダーやネット業者が増えています。人気が先行し、頭数が極端に少ないティーカッププードルは異常な高値がついており、こういった悪質業者のねらい目になっているわけです。購入を検討する場合は信頼できる業者かどうかをまず判断することが大事ですね。
プードルのサイズ

 

ティーカッププードルはその名前が示すとおり、ティーカップに入るほどの小さいプードルということで超小型プードル犬に対して付けられた愛称です。時々、ティーカップに収まったかわいいプードルの写真が紹介されていますが、一見ぬいぐるみと見間違うほどの小ささです。もともとはアメリカで誕生し、人気が拡大したティーカッププードル犬、最近日本でも知られるようになり、その人気が高まっています。

 

 

 

現在プードルの正式なサイズとして認められているのは、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4種類だけです。それぞれ45p〜60p、35p〜45p、

 

28p〜35p、28p以下と分類されています。この分類でいくと、ティーカッププードルは、あくまでトイプードルのことを指すと考えれば良いのですが、一般的には体重が成犬で1.5sほどの大きさのものをティーカッププードルと呼んでいるようです。

 

 

 

現在プードルの正式なサイズとして認められているのは、スタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4種類だけです。それぞれ45p〜60p、35p〜45p、

 

28p〜35p、28p以下と分類されています。この分類でいくと、ティーカッププードルは、あくまでトイプードルのことを指すと考えれば良いのですが、一般的には体重が成犬で1.5sほどの大きさのものをティーカッププードルと呼んでいるようです。

 

 

 

ティーカッププードルを飼いたいと思っても、普通のペットショップでお目にかかることは少ないと思います。まだまだ頭数が少なく、人気が先行していますから、販売されているとしても現状では高値であることが普通です。このため、無理矢理繁殖させて販売数を伸ばすブリーダーやネット販売業者が増えていますので、ティーカッププードルを購入する場合は、信頼できアフターケアーも充実している業者かどうかを見極めることが重要ですね。


今昔、出会い系サービス